テクノロジー

海の生態系調査が劇的進化!?~北海道・沿岸調査用ドローンが新登場~

海に住む生き物の生態を調べるには、海洋環境の科学的な分析が欠かせません。その分析のための調査の多くは、船を借りて行っています。ただ、船での調査は、大型の機器を積み込んだり、調査用の水を大量に汲み取ることができる反面、船を借りる費用がかさみます。また、水深の浅い場所では座礁の危険もあります。そのため、沿岸域の調査はあまり進んでいないのが実態です。しかし、海の生き物は沿岸域で成長するため、その生態にはまだ不明な点が多くあります。

そこで、海洋環境の調査で、今、期待されているのが、ドローンです。東海大学 生物学部 海洋生物科学科の野坂裕一助教は、沿岸域での調査の課題を解決しようとドローンの開発に取り組んでいます。このドローンでは、水深、水温、照度、そして実際に採水が可能です。さらに、船と違って機動力が高いため短時間に広範囲を調査できる、岩場や崖の下など人が入り込めない場所を調査できると言います。その上、一度つくってしまえば、船を借りる費用がかからないため、船での調査に比べて約4割もコストがカットできるそうです。忍路漁港での試験飛行では、わずか2分足らずと、船と比べると圧倒的に早い時間で約180mlの海水を汲み取ることができました。

しかし、まだ試験段階で、重量のある観測機器を搭載できないなどの欠点もあります。そのため、今後について野坂さんは「できる限り機体を軽くすること。20分から30分飛べるようになると、1回でいくつもの観測点で水を採取して帰って来るシステムを構築できるので、まずは軽量化を優先したい」と語っています。そして、2020年には実際に観測を行い、沿岸環境調査での実績を作りたいと言います。

ドローンによって謎に包まれていた沿岸域の分析が、飛躍的に進むかもしれません。

素材提供:日本財団「海と日本プロジェクトinガッチャンコ北海道」
協力:北海道放送株式会社

ad_pc_1080

関連記事

  1. テクノロジー

    福岡の海を守る新たな仲間はロボット

    福岡県宗像市のさつき松原海岸をはじめとする、福岡県の海岸の多く…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. 院内学級の生徒が海中体験!~Virtual Ocean Pr…
  2. 水族館からのオンライン授業~オンライン謎解き「海なぞ水族館」…
  3. 全国の熱源を2か月巡りゴール~2021年の熱源サミットに向け…
  4. コロナ禍でも高校生が熱闘!~ごみ拾いの高校生チャンピオンが決…
  5. コロナ禍と全国の水辺の事故~減少した救助出動件数の裏には海の…
PAGE TOP