2018年 12月

  1. 生態系

    年間50万尾の赤ちゃんを育成!岡山県の海の資源を守るため20年続いている取り組み

    近年、岡山県ではクルマエビの漁獲量が減少傾向だそう。その減少には、様々な要因があるという。岡山県農林水産部水産課振興班の石飛博敏さんは、「水温の上昇…

  2. 生態系

    板前はタイ人!?福島の海を取り戻す異文化交流

    福島県にある和食料理店。ここでヒラメを捌いているのは、なんとタイの料理人。これは、福島県沖で獲れた魚が安全だと、国の内外に発信する取り組みの一環。…

  3. 生態系

    虫を海に投げて大漁と豊作祈願!鹿児島県・奄美大島の伝統行事

    鹿児島県・奄美大島の市集落。ここでは、毎年5月に「浜下れ」という伝統行事が行われる。この浜下れは、大漁と豊作を祈るもので、船団パレードや船上からの餅…

  4. 生態系

    海の安全と大漁を願って炎の海に突入する北海道・積丹町の漁師たち

    北海道積丹町で、2018年7月5日から6日にかけて行われたのが、美国神社例大祭。このお祭りは、漁の安全と大漁、五穀豊穣を祈願するもの。積丹町は、積丹ブル…

  5. 海ごみ

    事業規模は50億円! 海ごみにオールジャパンで挑む日本初の取り組み

    2018年11月27日、日本財団が推進している「海と日本プロジェクト」では、日本初となる新たなプロジェクトを発表した。それが、「CHANGE FOR T…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. 声優・古谷徹も応援!コスプレイヤー協力のもと、新たな海洋ごみ…
  2. 危険生物に離岸流。夏本番に向けて知っておくべき“海のそなえ”…
  3. 子どもの頃に海へ行くと将来結婚がしやすくなる!?親子が学んだ…
  4. 「海に行きたい・行きたくない」は子どもの頃の体験が影響
  5. 「海ごみゼロ国際シンポジウム」開催。G20で機運が高まる海洋…
PAGE TOP