コスプレ

世界中のコスプレイヤーが海洋ごみ問題を発信!東京タワーでごみ拾い

世界海洋デーの6月8日に行われたのが、「コスプレ de 海ごみゼロ大作戦!in 東京タワー」というイベント。

今、世界的な問題となっている海洋ごみ。その約8割は街から出ているという。そこで、アニメ・マンガ・ゲームのファンに対して、コスプレを通じて海洋ごみ問題の啓発と具体的な行動を促すべく立ち上がった「コスプレ海ごみゼロ実行委員会」と、海洋ごみ対策について、産官学民が協力し合う日本初の取り組み「CHANGE FOR THE BLUE(チェンジ・フォー・ザ・ブルー)」を推進する日本財団が連携し、海洋ごみ問題について知ってもらう、そして、取り組みの輪を広げていくために、このイベントを開催した。日本財団の笹川陽平会長も、人気マンガ「ONE PIECE(ワンピース)」の主人公・ルフィのコスプレ姿で参加し、「世界の海をキレイにして特に日本からごみをゼロにしよう」と呼びかけた。そして、参加者は東京タワー周辺でごみ拾いを行いながら、コスプレ撮影を楽しんだ。

そんなこのイベントには、日本のコスプレイヤーだけでなく、イタリア、メキシコ、台湾など世界12カ国・地域から15人の有名コスプレイヤーも参加。人気ゲーム「スプラトゥーン2」のキャラクターのコスプレ姿で参加したメキシコ代表のTWIIN cosplayさんは、「こういうイベントがこの地球についての学びを深めてくれるから、とても大事だと思います」と、イベントの意義について語った。また、人気マンガ「NARUTO-ナルト-」のキャラクター・千手扉間のコスプレ姿で参加したフィンランド代表のSyncさんは「日本は島国で、四方を海に囲まれています。だから海に対して出来ることはたくさんあるし、世界への影響も大きいと思いますよ」と、日本が海洋ごみ対策に取り組むことの重要さを語った。

430人が参加し、30リットルのごみ袋90個分ものごみを回収したこのイベント。「自販機の下に置いてあるごみとかを気づいたら入れようとか、自分で出来る小さいことをやっていこうと思いました」と、コスプレイヤーのみるおさんが語ったように、イベントを通じて、多くの人が海洋ごみの問題について理解を深めた1日となった。

ad_pc_943

関連記事

  1. 海ごみ

    山形県の学生たちが自作したプラスチックごみを回収するマシン

    山形県鶴岡市にある湯野浜海岸。ここで鶴岡工業高等専門学校の…

  2. 海ごみ

    異業種が連携して海ごみ対策~包装材メーカーから文房具の企業まで協働する「ALLIANCE FOR T…

    レジ袋の有料化が始まり、海洋ごみへの関心が高まる中、日本財団が…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. 院内学級の生徒が海中体験!~Virtual Ocean Pr…
  2. 水族館からのオンライン授業~オンライン謎解き「海なぞ水族館」…
  3. 全国の熱源を2か月巡りゴール~2021年の熱源サミットに向け…
  4. コロナ禍でも高校生が熱闘!~ごみ拾いの高校生チャンピオンが決…
  5. コロナ禍と全国の水辺の事故~減少した救助出動件数の裏には海の…
PAGE TOP