生態系

うどん県民の宝・イリコを守る資源管理の取り組み

香川県といえば、讃岐うどん。
そんな讃岐うどんの出汁として愛されているのが、イリコ。イリコは瀬戸内で獲れるカタクチイワシの煮干しのこと。特に、香川県西部の燧灘に浮かぶ伊吹島は、イリコで日本有数の産地。年間およそ2,700トンは、なんと全国第3位の生産量を誇る。そんなイリコは、良質で美味しい出汁がとれる。その秘密は、漁獲から加工まで一貫して生産していること。漁場と加工場が非常に近いという恵まれた環境、そして、足が早いイワシを熟練の技によって新鮮なうちに加工して身割れを防ぎ、美しく仕上げる。そのため、絶品のイリコが生み出されるのだ。

しかし、そんな名産のイリコをつくるカタクチイワシに異変が起きているという。近年、カタクチイワシの子どもである「チリメン」や、主にうどん出汁に使われる「中羽」など、小さいサイズの漁獲が減少傾向にある。実際に2002年は1,454kgの漁獲量があったが、2017年はたった4kgのみだったという。

そのため、香川県では、2014年からその原因について調査を開始。香川県水産試験場の主任研究員・藤田辰徳さんは、「様々な要因が考えられますが、原因のひとつとして、海の貧栄養化などが考えられます。海を取り巻く環境の変化の中で、エサが少ないと、卵がたくさん産まれていても餓死してしまい、生き残れないという状況が起こっていると考えられます」と話す。

そんな中、地元の漁師は、漁期を制限や大きな目の網を使用するなど、サイズが小さい内には獲らず、大きく育ってから獲るように努力を始めた。

ただ、不漁の原因はひとつではなく、今も調査中だという。藤田さんは、「色々な可能性を考えながら、調査を継続することが大切だと思います」と、今後も原因究明に努めていくと語る。

うどん県民の宝とも言えるイリコを守るべく、日々、調査や取り組みが続けられている。

素材提供:日本財団「海と日本プロジェクトinかがわ」
協力:西日本放送株式会社

関連記事

  1. 生態系

    神輿ごと海へ!?福井県坂井市の「雄島祭り」

    北陸屈指の景勝地「東尋坊」がある福井県坂井市三国町の安島地区。…

  2. 生態系

    漁業関係者を悩ます黄色や白になるワカメ

    徳島を代表する海産物のひとつ、鳴門ワカメ。この鳴門ワカメは…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. 声優・古谷徹も応援!コスプレイヤー協力のもと、新たな海洋ごみ…
  2. 危険生物に離岸流。夏本番に向けて知っておくべき“海のそなえ”…
  3. 子どもの頃に海へ行くと将来結婚がしやすくなる!?親子が学んだ…
  4. 「海に行きたい・行きたくない」は子どもの頃の体験が影響
  5. 「海ごみゼロ国際シンポジウム」開催。G20で機運が高まる海洋…
PAGE TOP