海ごみ

深刻な海のゴミ問題を表すミズウオの胃

深海1kmほどのところに生息しているという深海魚・ミズウオ。

そんなミズウオは、50年ほど前から静岡県三保海岸に打ち上げられることがある。打ち上げられたミズウオを調査のために解剖してみると、胃の中には、なんとプラスチックなど様々なゴミが出てくるという。東海大学の名誉教授・久保田正さんによると、「ミズウオはプラスチックとエサ生物の区別が出来ないので、なんでも食べてしまう。そのため、海洋汚染の指標には非常に良い材料だと思います」と話す。今、世界的に問題になっているゴミが海に流れ込む海洋汚染。ミズウオの胃の中は海の現実を表しているのだ。

そこで、東海大学では、ミズウオの解剖・調査を長年実施。その結果、最近はミズウオからゴミが出てくるのは6割から7割ほどで、ここ50年間でゴミが出現する割合が増加傾向にあることがわかった。さらに、解剖を一般の人にも見てもらうことで、海洋汚染の現状を多くの人に伝える活動をしている。その解剖に参加した人達は、「ゴミの影響というのは、ここまで来ているんだというのが実感できました」、「人間がたくさんゴミを捨ててたから、いけないことだなと思いました」と、海洋汚染の現状を痛感したよう。東海大学海洋科学博物館の学芸員・伊藤芳英さんは、「私達が安心してこれからも物を食べていくためには、生き物が育つ自然を守っていかなければならないと考えています。そういうところを多くの人と共有していきたいと考えています」と活動の意義を語った。

素材提供:日本財団「海と日本プロジェクトin静岡県」
協力:株式会社テレビ静岡

ad_pc_871

関連記事

  1. 海の体験機会づくり

    自分達で遊び・学んで地元の海を次の世代へと繋ぐ「阿蘇海の日」

    京都府の与謝野町と宮津市にまたがる阿蘇海。ここは、日本三景のひ…

  2. 生態系

    アサリの復活に使ったのは下水の泥!

    かつては多くのアサリが獲れていた有明海。しかし、今この干潟…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. コロナ禍こそ水辺のそなえを~第1回:ライフセーバーが教える水…
  2. 無人運航船で世界初の実証実験~年間1兆円の経済効果が期待でき…
  3. コロナ対策で50億円の支援~日本財団が“第2波”と“複合災害…
  4. 中高生がオンラインプレゼン~マリンチャレンジプログラム201…
  5. 新型コロナウイルス感染症対策で計1万床目指す~日本財団が感染…
PAGE TOP