生態系

山形県の学生たちが自作したプラスチックごみを回収するマシン

山形県鶴岡市にある湯野浜海岸。
ここで鶴岡工業高等専門学校の学生たちが使っているのが、開発した海岸清掃用のマシン。開発したメンバーのひとりの渡会祐馬さんは、「これは海岸清掃機で、細かくて手では回収しにくいゴミを効率的に集める機械です」と話す。

山形県では、ボランティアの人達が定期的に海岸の清掃活動を行っているが、そのボランティアの人達が「細かいプラスチックごみが多いですね」、「大きな物だと拾いやすいんですけど、小さな物もかなり多くありまして拾いにくいですし、自然環境を汚染しているという感じがします」と話すように、今、世界中で問題となっているプラスチックごみについて、回収する際、手で拾いづらいと思っていたり、問題意識を持っていたりする。鶴岡工業高等専門学校の渡会さんも「大きいゴミは人の目にはつくんですけど、小さなゴミっていうのは、なかなかみんなの目にも止まりにくいし、放置されやすいのかなっていう」と話す。

そこで、学生たちは海岸清掃機を製作したそう。これによって、遠目にはキレイに見える海岸でも、清掃機で砂を掘り起こし、ふるいにかけると、細かなゴミを拾うことが出来る。実際に、海岸清掃機で拾った細かなゴミの中には、プラスチックゴミなど様々なものがあった。鶴岡工業高等専門学校の渡部汰一さんは「素手で拾うより非常に効率的」と話す。また、鶴岡工業高等専門学校の成澤謙真さんは、「砂浜の下にこれだけゴミが溜まっていることが驚きです。やっぱり海岸でみんな遊んで欲しいので、そういうのを回収できたら人々の幸せに繋がると思います。まだ改良の余地があるので、これからの世代に託していきたいなと考えています」と、ゴミを無くすために、学校の後輩がさらなる研究・開発をしていって欲しいという願いを語った。

素材提供:日本財団「海と日本プロジェクトin山形」
協力:株式会社テレビユー山形

関連記事

  1. 生態系

    重さ65kgもの万灯を振るう静岡県川奈の伝統あるお祭り

    およそ300年前から静岡県の川奈3町内で行われているのが、「川…

  2. 生態系

    自転車にヘルメットのように、海にはライフジャケットを!海の事故を“そなえ”で防ぐ

    2018年7月7日、日本財団は、海で起きている水難事故について…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. 「海に行きたい・行きたくない」は子どもの頃の体験が影響
  2. 「海ごみゼロ国際シンポジウム」開催。G20で機運が高まる海洋…
  3. 世界中のコスプレイヤーが海洋ごみ問題を発信!東京タワーでごみ…
  4. 原田環境相も江の島でごみ拾い!スタートした全国一斉清掃キャン…
  5. 東京大学と日本財団が連携 海洋ごみ対策について科学的に挑む一…
PAGE TOP