生態系

荒々しくも神々しい神輿を川へ突き落す愛媛県の北条秋祭り

愛媛県・北条で行われる北条秋祭り。
このお祭りは、古くから行われている伝統のお祭りで、豊作・豊漁を願うもの。

豊漁を願っているように、北条は昔から海との繋がりが深い。その歴史は、平安時代、「源平の合戦」で活躍し、源氏と共に平氏を滅ぼした河野水軍にまで遡るという。

そんな北条で行われるこのお祭りでは、800年以上も前から続き、愛媛県無形文化財に指定されている「櫂練踊り」などが行われる。中でも、名物となっているのが、神輿みそぎ。これは、町内をまわってきた神輿を何度も川に落とす儀式。これによって、宮入り前に神輿を清めるのだという。その後、神輿は、夕暮れの海を櫂練りの船に先導され、鹿島神社へ宮入りとなる。鹿島櫂練保存会の宮内康輔さんは、「私達は海の恵みである海藻や魚貝類を美味しく食べさせてもらい、また癒しも与えて頂いていますから、海に感謝するこの海のお祭りを、未来永劫 続けていきたいと思っています」と、お祭りへの想いを語っている。

素材提供:日本財団「海と日本プロジェクトinえひめ」
協力:南海放送株式会社

関連記事

  1. 生態系

    チョイサー!の掛け声と共に神様を迎える香川県・住吉神社の夏祭り

    香川県にある周囲45mほどの小さな島、小豆島。この島で年に一度…

  2. 生態系

    「海の祇園祭」と呼ばれ、300年以上も続く京都の伊根祭

    京都の名物といえば、祇園祭。 しかし、京都にはもうひとつ「…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. 声優・古谷徹も応援!コスプレイヤー協力のもと、新たな海洋ごみ…
  2. 危険生物に離岸流。夏本番に向けて知っておくべき“海のそなえ”…
  3. 子どもの頃に海へ行くと将来結婚がしやすくなる!?親子が学んだ…
  4. 「海に行きたい・行きたくない」は子どもの頃の体験が影響
  5. 「海ごみゼロ国際シンポジウム」開催。G20で機運が高まる海洋…
PAGE TOP