伝統文化

200年続く新潟県佐渡の名物たらい舟と消えつつある伝統

新潟県佐渡の名物である、たらい船。
200年以上も前に生まれ、今なお守り続けられている伝統の船。

一方で、そんなたらい船に関わるものが消えつつあるという。そのひとつが、磯ネギ漁。たらい船を漁具として使う磯ネギ漁は、アワビやタコなど魚介類を突く見突き漁やワカメやテングサなどの海藻採取を行うもの。小回りがきくたらい船は、船では入り込めない場所でも深く入り込み漁が出来るのが特徴となっている。
 
そんな磯ネギ漁は現在も行われているが、“たらい舟体験 佐渡宿根木はんぎり”で観光用たらい船の船頭をしている金子啓次さんによると、「磯ネギ漁をしている人は少なくなっていますね。年配の方が朝晩たらい船を使って漁をやっていますけど、専業でやっているわけじゃないですし」と、磯ネギ漁の現状について話す。

そんな金子さんは昔ながらの方法でつくるたらい船製作者でもある。実は、磯ネギ漁と同じく、たらい船の伝統製法を知る人も少なくなっているという。そのため、「受け継ぐ人を増やしたいというのが課題です。それからもうひとつは、たらい船をつくるのも教えていかないといけないと思っています」と、金子さんは語る。

たらい船だけでなく、まつわる伝統も後世に残す。それが大事なことなのかもしれない。

素材提供:日本財団「海と日本プロジェクトin新潟」
協力:株式会社新潟放送

ad_pc_790

関連記事

  1. 生態系

    消滅の危機に瀕している神業“ムツかけ漁”

    有明海には神業と言われる伝統漁法がある。それが、ムツかけ漁。…

  2. 生態系

    危機に瀕している日本のイカ漁

    石川県の能登町・小木。イカの水揚高で全国屈指の街。初夏には…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. コロナ禍こそ水辺のそなえを~第1回:ライフセーバーが教える水…
  2. 無人運航船で世界初の実証実験~年間1兆円の経済効果が期待でき…
  3. コロナ対策で50億円の支援~日本財団が“第2波”と“複合災害…
  4. 中高生がオンラインプレゼン~マリンチャレンジプログラム201…
  5. 新型コロナウイルス感染症対策で計1万床目指す~日本財団が感染…
PAGE TOP