伝統文化

海なし県・長野県安曇野市で行われる荒々しい船のお祭り

長野県安曇野市の穂高神社で、毎年9月に開催される御船祭り。このお祭りは、今年の実りに感謝するために行われるという。

そんな御船祭りの見どころが、御船のぶつけ合い。
神様に「御船」と呼ばれる美しく大きな船の形をした山車を、感謝の印として披露。さらに、「大人船」というとりわけ大きな2艘の御船を激しくぶつけ合うのだ。

しかし、長野県には海がない。
にも関わらず、なぜ船の祭りが伝えられているのか?実はこの地区の人は、海の民の末裔とも言われているため。穂高神社がまつっているのが、穂高見命という海の神様。この神様は、この地に移り住んできた海の民「安曇族」に深く信仰されてきた。もともと安曇族は北九州や朝鮮半島が本拠地とし、海運を行っていたという。そして、諸説あり、理由は定かではないが、およそ1500年前、この地に移住してきたと言われている。そんな歴史から船の祭りが行われているのだ。この海の記憶を伝えるお祭りについて、穂高神社の権禰宜である等々力良勝さんも「長野県も海と繋がってるんだなと思います」と思いを馳せる。

長野県の知られざる海との繋がり。
お祭りを通して今に伝えている。

素材提供:日本財団「海と日本プロジェクトin長野」
協力:株式会社長野放送

ad_pc_788

関連記事

  1. 生態系

    マグロだけ逃がして守る新しい網

    刺し身や寿司ネタとして人気のマグロ。しかし、近年、クロ…

  2. 伝統文化

    国が認めた伝統建築“舟屋”が残る街の悩み

    「海の祇園祭」と呼ばれている伊根祭り。毎年7月に京都・伊根…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. コロナ禍こそ水辺のそなえを~第1回:ライフセーバーが教える水…
  2. 無人運航船で世界初の実証実験~年間1兆円の経済効果が期待でき…
  3. コロナ対策で50億円の支援~日本財団が“第2波”と“複合災害…
  4. 中高生がオンラインプレゼン~マリンチャレンジプログラム201…
  5. 新型コロナウイルス感染症対策で計1万床目指す~日本財団が感染…
PAGE TOP