生態系

海水浴場の裏で失われているスナガニの住処

富山県の八重津浜海水浴場。
ここに掘られた大きく深い穴。これは、とある生物の調査のために掘られた穴で、その生物とは、スナガニ。スナガニは、海岸の砂の中に生息する小さなカニ。体長が3センチほどで、温かい水温を好み、秋田県の男鹿半島から南に生息している。

そんなスナガニの生息地が今、全国的に失われつつあるという。

富山市にある公益財団法人・環日本海環境協力センターNPECの吉田尚郁 主任研究員は、「(スナガニは)細かい砂でないと生息できない。(今)海水浴場の砂は、もう少し見た目のいい砂や砂利を入れるようになっている。それがスナガニの生息に適しておらず、色々なところで元々いたのがいなくなってしまっている」と話す。実は、最近の海水浴場にある砂は、見た目が綺麗で、粒が2~3ミリほどの大きな砂を運んできている。しかし、大粒の砂だと、スナガニが巣穴を掘っても崩れてしまうため生息できない。このような理由などからスナガニが減少しているそうで、実際に、九州のいくつかの県では、準絶滅危惧種に指定されている。

こうした中、NPECでは、2017年から全国の研究施設や水族館と協力して、日本各地の海岸でスナガニを調査。その結果をまとめ、海岸保全の啓発活動などに生かしていくことにしている。

小さなスナガニは、どんな海岸を残すべきかを示しているかも知れない。

素材提供:日本財団「海と日本プロジェクトin富山県」
協力:富山テレビ放送株式会社

ad_pc_340

関連記事

  1. 生態系

    特産品のカキで一石二鳥な取り組み

    フレンチで使われる高級食材シタビラメ。岡山県を代表する魚種…

  2. 伝統文化

    千年の歴史を誇る朝市の名物・海の幸の危機

    新鮮な海の幸が並ぶ輪島の朝市。この朝市は千年以上の歴史を誇…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. 子ども目覚める海の仕事体験~約100人の子どもが体験した“海…
  2. 国際会議で称賛!海の事故を予防するAIを使った世界初の“みま…
  3. 国際会議で称賛!海の事故を予防するAIを使った世界初の“みま…
  4. スマートフォンでブリがさばける!?食から海を学ぶイベント
  5. 自ら“海ごみ問題”を落語で語る!新進気鋭の若手落語家・三遊亭…
PAGE TOP