生態系

被害額の推計5億円!伊万里湾を襲った赤潮

高級魚・トラフグ。
長崎県松浦市は、養殖トラフグの生産で日本一を誇る。

しかし、2017年の夏、このトラフグに危機が訪れていた。その原因が、赤潮。赤潮とは、プランクトンの大量発生によって海水の色が赤く見える現象。この現象によって、エラにプランクトンが詰まるなどして魚が死んでしまう、また、発生した海域での酸素濃度が低下し、生き物が生きていけない状態になる恐れもある。そんな赤潮が、伊万里湾一帯で大規模に発生。トラフグやマグロ、ハマチなどが壊滅的な被害を受けた。その被害額の推計は、なんと5億円以上にもなるそう。

その原因は、カレニアミキモトイというプランクトン。7月下旬に松浦市付近で降った大雨、そして、台風による風が、鷹島南部で発生した小規模な赤潮と合わさり、大量発生してしまったという。

同じような現象は26年前にも発生。
今後も台風や集中豪雨といった異常気象が引き金となって、大規模な赤潮が起こる可能性があるという。そこで、県総合水産試験場の平野慶二次長は、「最初の段階の赤潮が、どういう大きさで、どういう規模だったのか、いつからあったのかなどを、観測を強化することで的確に捉えて、大規模な赤潮を抑制する手段に繋げていきたい」と展望を話す。

私達の食卓にも影響を及ぼす赤潮。そんな赤潮を防ぐため、関係者の努力が続いている。

素材提供:日本財団「海と日本プロジェクトinながさき」
協力:株式会社 テレビ長崎

関連記事

  1. 生態系

    激減した越前ウニを救うのはエサの研究

    日本三代珍味のひとつ、塩ウニ。特に、福井県内でつくられる越…

  2. 生態系

    池の水を抜くと豊かな海になる

    兵庫県・淡路島で行われているのが、かいぼり。これは、年に1…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. 「海に行きたい・行きたくない」は子どもの頃の体験が影響
  2. 「海ごみゼロ国際シンポジウム」開催。G20で機運が高まる海洋…
  3. 世界中のコスプレイヤーが海洋ごみ問題を発信!東京タワーでごみ…
  4. 原田環境相も江の島でごみ拾い!スタートした全国一斉清掃キャン…
  5. 東京大学と日本財団が連携 海洋ごみ対策について科学的に挑む一…
PAGE TOP