生態系

瀬戸内海に現れたアサリを食べる厄介者

エイの一種ナルトビエイ。
尾の付け根に1本から2本ぐらいのトゲがあり、それが毒針となっているのが特徴。そんなこの生き物が今、瀬戸内海で問題を起こしている。

その問題とは、アサリの食害。
ナルトビエイが、アサリを食べてしまい、漁業関係者を悩ませているのだ。
井口漁協の組合長・波田輝明さんは、「(広島県・八幡川河口にできた)水たまりは、ナルトビエイが鼻先でアサリを掘り出した跡」と訴える。

もともとは、暖かい海域に棲むナルトビエイ。これまで瀬戸内海に全くいなかったが、ここ10年ほどで増えたと言われている。その原因として考えられるのが、海水温の上昇。実際に、地球温暖化によって、ここ最近40年で瀬戸内海の海水温は、およそ1℃上昇したと言われている。

そこで、ナルトビエイの食害の対策として防護ネットが張られた。

瀬戸内海に現れた厄介な生き物との戦いは始まったばかりだ。

素材提供:日本財団「海と日本プロジェクトin広島」

ad_pc_687

関連記事

  1. 海ごみ

    深刻な海のゴミ問題を表すミズウオの胃

    深海1kmほどのところに生息しているという深海魚・ミズウオ。…

  2. 生態系

    近未来の駆除対策は卵を産まないブルーギル

    滋賀県の沖島漁業協同組合が考えたグルメが、沖島よそものコロッケ…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. マイクロプラ汚染 山中でも進行~海なし県・山梨発 大学教授が…
  2. こども探偵団が海ごみを調査~京都で子ども達が海洋ごみを調査!…
  3. 海の保育園で育つホシガレイ~岩手県で減少する幻の高級魚を子ど…
  4. 麦ストローが広げる脱プラの輪~1人の女性の海への想いから石川…
  5. 海辺の生態系を壊す黄色い脅威~徳島県小松海岸に根付いた厄介者…
PAGE TOP