生態系

シートベルトで育つ!?庄内地方の冬の名物ハタハタ

庄内地方の冬の風物詩・ハタハタ。
その漁獲量は、乱獲などが原因となり激減。しかし、資源管理や保全活動の効果もあり、近年は回復してきている。とはいえ、またハタハタが減るかもしれない。

そこで、卵を産める環境をつくろうと取り組んでいるのが、みなと研究会の守屋元志さん。守屋さんは、およそ10年前から産卵場所づくりを実施。これまでは、バッティングセンターのネットをリサイクルして設置していた。その後、2016年から始めたのが、シートベルトでの産卵場所づくり。材質的には同じだろうと思い、研究を始めたそう。シートベルトは廃車からのリサイクルで、そのまま使うのではなく、折り曲げ、ミシンで縫うことで海藻に似せる。また、ハタハタなどが興味を示すのではないかと考え、杉の葉を入れる工夫もしている。その効果は実際に出ていて、調査をしてみると、多くのハタハタの卵があったという。さらに、「これを食べに今度魚が寄ってくるわけです」と守屋さんは語る。産卵場所としてだけでなく、稚魚の隠れ場や成育の場所、海中林にもなるという。

そんな守屋さんの目標とは、「小魚たちの遊園地となる環境も構築できればなと」と語る。ハタハタのため、シートベルトの産卵場所がさらに発展させることを考えている。

素材提供:日本財団「海と日本プロジェクトin山形」
協力:株式会社 テレビユー山形

ad_pc_576

関連記事

  1. 生態系

    危機に瀕している日本のイカ漁

    石川県の能登町・小木。イカの水揚高で全国屈指の街。初夏には…

  2. 伝統文化

    海に感謝する福島県いわき市の四倉ねぶたの復活

    福島県いわき市で夏に行われる祭りが、四倉ねぶた。その光…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. スマートフォンでブリがさばける!?食から海を学ぶイベント
  2. 自ら“海ごみ問題”を落語で語る!新進気鋭の若手落語家・三遊亭…
  3. 自ら“海ごみ問題”を落語で語る!新進気鋭の若手落語家・三遊亭…
  4. 迫る“スポGOMI甲子園 全国大会”!初の試みを生みの親が語…
  5. 海洋ごみを作らない・出さない!豊洲市場で日本初のエビフェス!…
PAGE TOP