生態系

ウミガメが警戒しない街灯

徳島県美波町の大浜海岸。
この海岸は、ウミガメの産卵地として有名な場所。しかし、近年、ここで産卵するウミガメが減っている。1995年は119頭の上陸が確認されたが、2017年は27頭と、最近ではその2割ほどに減ってしまった。日和佐うみがめ博物館カレッタ学芸員の田中宇輝さんによると、その原因は、「海で網にかかってしまうなど、事故によって親亀が減っている。もう1つは、海岸や産卵地などの環境が悪化というのがあります」と話す。

原因のひとつと考えられているのが、周辺施設の明かりなど海岸付近の光の増加だという。これがウミガメの産卵に悪影響を及ぼしていると言われている。ウミガメの産卵はデリケートなもの。街の灯りなどが強いと、上陸すら妨げてしまうことがある。

そこで、対策のひとつとして行っているのが、街灯の工夫。街灯の電球を県内の企業が開発したLEDに変更。ウミガメへの影響が少ない明かりに変えているのだ。ちなみに、このLEDは海外でもつくられているそう。とはいえ、まだ実証実験の段階で、すぐには成果が出ないという。美波町ウミガメ保護監視員の坂口亮さんは、「毎日、一頭ずつでも上陸してくれたらいいなと思ってやっていますが、自然のものが相手ですから、なかなか思うようにはいきません」と語る。

かつてのように、ウミガメが多く訪れる海岸になるよう、大浜海岸ではこれからも取り組みを続けていく。

素材提供:日本財団「海と日本プロジェクトinとくしま」
協力:四国放送株式会社

ad_pc_536

関連記事

  1. 海ごみ

    海がない長野県出身のプロサーファーが憂う海のプラスチック汚染問題

    海無し県の長野県。そんな長野県富士見町の出身でありながら、…

  2. 生態系

    ゼロから100万個へと復活した二枚貝

    近年、有明海から、天然のアゲマキがいなくなっている。ハ…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. ポイ捨て 別の要因が判明~“モラルの問題”だけではなかった陸…
  2. 導き出した海ごみ対策の提言~海ごみ対策に取り組む神戸商業が考…
  3. 見直される陶器のタコツボ~山口県で伝統を守り、土に帰るタコツ…
  4. 高校生が海ごみ問題を発信~岩手県立宮古水産高校が初の海洋ごみ…
  5. 官民一体で漂流ごみ回収大作戦~熊本県天草市牛深町~
PAGE TOP