生態系

私達が減らした砂浜を復活させるのも私達

新潟県の海岸は、ある課題を抱えている。それが、海岸浸食。

海岸浸食は、砂浜の砂が減っていき、陸と海との境界線が陸側へ後退してしまう現象。その要因は、複合的なもので、例えば、信濃川で行っている水害対策の工事によって、海岸へ流れてくる砂が減っていることや、天然ガスの採取によって起こる地盤沈下、その他にも、港の整備による砂の減少など様々だという。

しかし、これら人々の暮らしを向上させる取り組みが、皮肉にも海岸浸食を引き起こした。海岸浸食で、砂浜に棲む貝やカニなどがいなくなり、海水浴場が減少するなど、悪影響が及んでいる。

そこで、砂浜を復元する対策が取られている。
その工事は、砂が海へ流れ出ないように砂浜の周りを囲む。さらに、そこに砂を入れて、元あった砂浜のように復元している。また、海中に、海の中の潮の流れを抑える潜堤なども設置している。これらの取り組みによって、砂浜の回復が見られるだけでなく、海の環境にも変化が。カキやアワビ、サザエなどが棲みはじめ、豊かな海になってきているのだ。

安心・快適な環境の整備と豊かな海を守ること。その両立が求められている。

素材提供:日本財団「海と日本プロジェクトin新潟」
協力:株式会社 新潟放送

ad_pc_520

関連記事

  1. 海ごみ

    海がない長野県出身のプロサーファーが憂う海のプラスチック汚染問題

    海無し県の長野県。そんな長野県富士見町の出身でありながら、…

  2. 海ごみ

    秋田県の海にまつわる人達が憂う海洋汚染

    秋田県では、海にまつわる様々な人が、海洋汚染を感じている。八峰…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. ポイ捨て 別の要因が判明~“モラルの問題”だけではなかった陸…
  2. 導き出した海ごみ対策の提言~海ごみ対策に取り組む神戸商業が考…
  3. 見直される陶器のタコツボ~山口県で伝統を守り、土に帰るタコツ…
  4. 高校生が海ごみ問題を発信~岩手県立宮古水産高校が初の海洋ごみ…
  5. 官民一体で漂流ごみ回収大作戦~熊本県天草市牛深町~
PAGE TOP