生態系

海中の砂漠化“磯焼け”

豊かな新潟の海が危機にさらされている。
しかし、新潟県水産海洋研究所 増殖環境課の主任研究員・濵岡秀樹さんによると、「新潟県は、(かつて)かなり藻場があったんですけど、粟島(あわしま)は、島の半分ぐらいほとんど海藻が生えてない状況になっています」と話す。これは、磯焼けという現象。磯焼けは海岸に生えている海藻の多くが死滅し、海産物が育たなくなること。磯焼けは実害ももたらしていて、アワビの漁獲量は激減、また、痩せたサザエが増加している。そんな磯焼けの原因は、海藻からまかれる種が少ないこと、そして、海藻を食べてしまう生物が多いことが主な要因として考えられるという。

そこで、この状況を変えるため、新潟県では、その海の環境に合わせた取り組みが行われている。例えば、佐渡島では、海藻からまかれる種が少なく、芽を食べてしまう生物が多いと判明。そのため、対策として、網で囲い生物が入って来ないようにし、種を多く撒いた。その結果、見事 藻場が変わり、海藻が増えた。

一方で、粟島は、佐渡と同じ対策で効果が出るとは限らない。そのため、原因と対策を調査している。

海藻を復活させることが、ひいては豊かな海へと繋がる。そのために、研究者たちが日々、調査と取り組みを行っている。

素材提供:日本財団「海と日本プロジェクトin新潟」
協力:株式会社 新潟放送

ad_pc_512

関連記事

  1. 生態系

    日本一アマモ場が消滅している陸奥湾

    海の生態系を維持するために重要な働きをしているのが、海草の一種…

  2. 伝統文化

    千年の歴史を誇る朝市の名物・海の幸の危機

    新鮮な海の幸が並ぶ輪島の朝市。この朝市は千年以上の歴史を誇…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. 異業種が連携して海ごみ対策~包装材メーカーから文房具の企業ま…
  2. コロナ禍こそ水辺のそなえを~第1回:ライフセーバーが教える水…
  3. 無人運航船で世界初の実証実験~年間1兆円の経済効果が期待でき…
  4. コロナ対策で50億円の支援~日本財団が“第2波”と“複合災害…
  5. 中高生がオンラインプレゼン~マリンチャレンジプログラム201…
PAGE TOP