生態系

希少植物シバナを守る子ども達

兵庫県相生市の鉄砲山海岸。
ここには、塩生植物シバナが生息している。

シバナは、海水と淡水が混じる干潟に生息。育つ環境が限られているため、希少価値のある植物の1つとされ、鉄砲山海岸の他には、北海道、青森県の太平洋側の鷹架沼のヨシ原、愛知県の三河湾北西部、佐賀県伊万里市の塩性湿地、兵庫県相生市の野瀬海岸に生えている。兵庫県では、絶滅のおそれがある野生生物に指定されている。

今でこそ貴重な植物だが、相生湾自然再生学習会議の代表・松村晋策さんによると、「以前は、ものすご多かったんですよ。この一帯シバナがホントにたくさんあったんですね」と語る。鉄砲山海岸では25年ほど前までシバナが青々と茂っていたという。しかし、そのほとんどが無くなってしまった。

その原因は、干潟や砂場の減少。ボートの波によって砂が流されてしまったという。

そんな中、シバナを増やそうという取り組みが行われている。相生湾自然再生学習会議の主導のもと、相生市立那波小学校の児童達が、育てた苗を干潟に移植。この取り組みは、8年ほど前から毎年行われている。

また、シバナの群生地である干潟の創出も実施。2016年と2017年に、鉄砲山海岸に流入する河川の上流から砂を運搬し、海岸に投入。2年間で約70tの砂を投入している。2017は地元の高校生85人、中学生120人も協力した。

このような取り組みの結果、鉄砲山海岸のシバナは当時の5分の1まで回復したのだ。

25年前の海岸を取り戻すため、子ども達も協力してシバナを増やし続けている。

素材提供:日本財団「海と日本プロジェクトinひょうご」
協力:株式会社サンテレビジョン

ad_pc_365

関連記事

  1. 生態系

    獲れる魚が変化!消えた新潟のホッケと新たに現れたサワラ

    古くから漁業が盛んに行われている新潟県では、近年、水揚に大きな…

  2. 生態系

    後継者不足に悩む岩手県の新人漁師

    漁業の担い手不足は、国内有数の漁場である岩手県も例外ではない。…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. 異業種が連携して海ごみ対策~包装材メーカーから文房具の企業ま…
  2. コロナ禍こそ水辺のそなえを~第1回:ライフセーバーが教える水…
  3. 無人運航船で世界初の実証実験~年間1兆円の経済効果が期待でき…
  4. コロナ対策で50億円の支援~日本財団が“第2波”と“複合災害…
  5. 中高生がオンラインプレゼン~マリンチャレンジプログラム201…
PAGE TOP