生態系

兵庫 キレイで豊かな海づくりを~海を未来へと引き継ぐ者たち③「海と日本プロジェクトinひょうご」と「うみぞら映画祭の大継康高」~

日本財団が推進している「海と日本プロジェクト」は、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくために、2016年から全国各地で様々な活動を行っています。「海と日本プロジェクト in ひょうご」(兵庫県)では、活動の1つとして「豊かな海」について学ぶ取り組みを行っています。「ただキレイなだけではなく、魚たちが住みよい環境をつくっていく必要がある」と話すのは、「海と日本プロジェクト in ひょうご」で活動を行っているサンテレビジョンの常本大貴さんです。瀬戸内海では今、海藻の成長などに必要な成分「栄養塩」が少ない「貧栄養化」という問題が起こっていると言います。その結果、漁獲量の減少や海苔の色落ちが起きているそうです。そこで、海プロinひょうごでは、「豊かな海を守ろう!」というテーマで、明石市の海苔について学ぶオリジナルイベントなどを実施。子ども達が体験や座学から「豊かな海とは?」「豊かな海を実現するためにはどうしたらいいか?」などを学ぶ内容となっています。

一方で、キレイな海づくりにも積極的に取り組んでいて、常本さんは「豊かな海を守るためには、街からプラスチックのごみなどが海に流れ着かないように、ごみ拾いをするというのが非常に重要だと考えている」と話します。そこで、2019年からは、海と日本プロジェクトの一環で、海洋ごみ削減に取り組むプロジェクト「CHANGE FOR THE BLUE」に参加し、「ひょうご瀬戸内ごみゼロ青年団」として淡路島と神戸市を中心に海洋ごみ削減の活動を行っています。

活動では様々なイベントと連携していて、その1つが「うみぞら映画祭」です。うみぞら映画祭とは、海の上に400インチ以上の巨大スクリーンを吊るし、砂浜から映画を観るというイベントで、大浜海水浴場で2016年から行われています。このイベントを企画・開催している株式会社海空の代表取締役社長・大継康高さんは「海沿いでボーっとしながら癒されたりとか楽しんだりできるイベントをやりたい。そういう空間があれば、淡路島を気に入ってもらえるのではないかと思った」と始めたキッカケについて語っています。世界的にも珍しいこの映画祭は、近年は県外からも人が訪れるほど大盛況ですが、始めた当初は中止を求める声もあったと言います。大継さんは「海でのイベントは、人が集まってごみが増えると困るからやめてくれという声もあった」と振り返ります。そのため、イベントの前後で海岸清掃も行っていました。その海岸清掃が結びつき、2019年からは、「ひょうご瀬戸内ごみゼロ青年団」と連携して清掃活動を行うようになったのです。ひょうご瀬戸内ごみゼロ青年団の実行委員でもある大継さんは「周りから『ごみ拾い活動もしっかりやってくれてありがとう』という声も頂くようになったので、海をキレイにしていく、色んな方に海洋ごみ問題を伝えていく活動はしなくてはいけないという意識になった」と語っています。大継さんは現在、洲本市と連携した取り組み「護海(ごみ)袋プロジェクト」、淡路島の飲食店50店舗と連携した「できるだけ紙対応プロジェクト」など、海洋ごみ問題解決のための活動をさらに広げています。「うみぞら映画祭で癒されて欲しいと思っても、海が汚いと癒されない。海をキレイにして、海で癒される時間をつくっていこうと投げかけていきたい」と、大継さんは今後の活動への意欲を燃やしています。

そして、「海と日本プロジェクト in ひょうご」も活動を広げていきたいと言います。常本さんは、「私たち、そして、子ども達が、豊かな海を未来に繋ぐことができると考えている。今までのイベントは瀬戸内海のみだったが、兵庫県は瀬戸内海と日本海に渡っているため、日本海でも豊かな海という考え方を子ども達に学んでもらい、広げていきたい」と語っています。

素材提供:日本財団「海と日本プロジェクトinひょうご」
協力:株式会社サンテレビジョン

ad_pc_1254

関連記事

  1. 伝統文化

    瀬戸内海三大船祭のひとつ兵庫県「坂越の船祭」

    兵庫県・坂越で毎年10月に行われているのが、「坂越の船祭」。赤…

  2. 生態系

    館山に海の森アマモ場を取り戻せ

    海草アマモが生息する場所、アマモ場。実は、このアマモ場は、…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. 未来のノーベル賞受賞者がいるかも!?~日本財団と環境省が主催…
  2. 子ども達の海離れを減らしたい「海のおもいで創造プロジェクト」…
  3. 宿題にも使える「海×科目」を配信~動画とレポートで学習「おう…
  4. 小泉環境相も使用!廃漁網をアップサイクルした鞄~ALLIAN…
  5. クイズイベントの司会は学校の先生~クイズ王・古川洋平プロデュ…
PAGE TOP