海の体験機会づくり

鳥取発!広がる「すなばスポーツ」~すなばスポーツで鳥取県を日本一ワクワクする「すなば県」に~

鳥取県の砂丘や海岸といった「すなば」で活動している団体が、「すなばスポーツ」です。ビーチサッカー、ビーチテニス、ビーチヨガ、鳥取県の伝統的な踊り「しゃんしゃん傘踊り」など、多くの体験型のアクティビティを手掛けています。代表の岸本雄司さんは「砂の上でスポーツをしていくことで、鳥取を盛り上げていきたい、発信していきたい思い、すなばスポーツを立ち上げた」と設立のキッカケを語っています。また、スポーツなどのアクティビティだけでなく、海岸清掃も定期的に実施しています。

2015年4月の設立から着実に広がっているそうで、「色々な方達に知名度をあげてもらい、鳥取の街の中で活動が広がってきた。そして、全国にも発信できるようになってきた。それにより、鳥取に移住してくれる方がいたり、鳥取からビーチスポーツで上を目指していくような人が出てきた」と岸本さんは言います。ただ、活動は鳥取県東部が中心でした。そこで、近年では、鳥取県全域に広げる動きも始めています。そのひとつが、常設コートの「境港ジャンクルジム」です。すなばスポーツに魅力を感じ、2020年6月に沖縄県から移住してきた辻昌宏さんが、岸本さんと一緒に企画しました。辻さんは「西部での境港ジャンクルジムが始まったことで、鳥取県全体に広がりつつあると感じている」と話します。境港ジャンクルジムは、2021年3月からビーチスポーツが再開される予定です。

さらなる広がりをみせる「すなばスポーツ」の今後について、岸本さんは「鳥取県にはキレイな海や自然があるので、それを利用して、日本一ワクワクする“すなば”の県にしていきたい」と意気込みを語っています。

素材提供:日本財団「海と日本プロジェクトinとっとり」
協力:日本海テレビジョン放送株式会社

ad_pc_1240

関連記事

  1. 海の体験機会づくり

    「海に行きたい・行きたくない」は子どもの頃の体験が影響

    7月12日、海の日を前に、日本財団は「海と日本人に関する意識調…

  2. 海ごみ

    自ら“海ごみ問題”を落語で語る!新進気鋭の若手落語家・三遊亭わん丈の“海落語”への想い【後編】

    若手落語家・三遊亭わん丈さんが披露している演目のひとつが、『拝…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. 海を守る卵たちの全国大会~マリンチャレンジプログラム2020…
  2. 兵庫 キレイで豊かな海づくりを~海を未来へと引き継ぐ者たち③…
  3. 子ども達に北海道の海の魅力を~海を未来へと引き継ぐ者たち②「…
  4. 石川県で広がる「海の学び」~海を未来へと引き継ぐ者たち①「海…
  5. 18年以上続く芦北高校の挑戦~豊かな海にするため熊本県・芦北…
PAGE TOP