安全・そなえ

新型コロナウイルス感染症対策で計1万床目指す~日本財団が感染者のために品川区とつくば市の所有地を提供~

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、4月3日、日本財団が独自の施策を発表した。日本財団によると、東京都品川区にある関連団体が運営する「船の科学館」の駐車場、隣接する「パラアリーナ」の体育館などを提供。そして、4月末には軽症者やその家族が滞在できるように約1,200床を確保する予定。医師や看護師の滞在場所の設置も想定しているという。また、7月末までには、茨城県つくば市にも約9,000床分の受け入れ施設を提供する予定。

さらに、これら計1万床の施設において、利用する人の食事・サービスから医師と看護師の給料に至るまで、あらゆる必要経費は日本財団が全額負担する。

具体的な運営方法などについては、これから厚生労働省や東京都と協議していくという。

笹川会長は「この施設が使われないで終わることが私たちの最大の願いだが、備えをつくっておくことが重要だと思っている。一日も早くこのコロナとの戦いが終了するように、これから活動をしていきたい」と話した。

ad_pc_1092

関連記事

  1. 安全・そなえ

    コロナ禍こそ水辺のそなえを~第1回:ライフセーバーが教える水辺の事故の防ぎ方~

    2020の夏は、新型コロナウイルスの影響で、開設されない海水浴…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. コスプレイヤーが福岡でごみ拾い~「春の海ごみゼロウィーク20…
  2. 深海魚愛あふれるプレゼンをした小学5年生が大賞!~「深海研究…
  3. 瀬戸内海の海洋ごみ問題解決へ延長して取り組み~日本財団と岡山…
  4. 運航中CO2排出ゼロ!世界初の船で実証成功~日本財団ゼロエミ…
  5. 書籍化に世界的な活動も視野!海ノ民話アニメ~「海ノ民話のまち…
PAGE TOP