安全・そなえ

新型コロナウイルス感染症対策で計1万床目指す~日本財団が感染者のために品川区とつくば市の所有地を提供~

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、4月3日、日本財団が独自の施策を発表した。日本財団によると、東京都品川区にある関連団体が運営する「船の科学館」の駐車場、隣接する「パラアリーナ」の体育館などを提供。そして、4月末には軽症者やその家族が滞在できるように約1,200床を確保する予定。医師や看護師の滞在場所の設置も想定しているという。また、7月末までには、茨城県つくば市にも約9,000床分の受け入れ施設を提供する予定。

さらに、これら計1万床の施設において、利用する人の食事・サービスから医師と看護師の給料に至るまで、あらゆる必要経費は日本財団が全額負担する。

具体的な運営方法などについては、これから厚生労働省や東京都と協議していくという。

笹川会長は「この施設が使われないで終わることが私たちの最大の願いだが、備えをつくっておくことが重要だと思っている。一日も早くこのコロナとの戦いが終了するように、これから活動をしていきたい」と話した。

ad_pc_1092

関連記事

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. 海を守る卵たちの全国大会~マリンチャレンジプログラム2020…
  2. 兵庫 キレイで豊かな海づくりを~海を未来へと引き継ぐ者たち③…
  3. 子ども達に北海道の海の魅力を~海を未来へと引き継ぐ者たち②「…
  4. 石川県で広がる「海の学び」~海を未来へと引き継ぐ者たち①「海…
  5. 18年以上続く芦北高校の挑戦~豊かな海にするため熊本県・芦北…
PAGE TOP