生態系

トゲだらけの危険生物から美しいサンゴを守れ!

サンゴが広がる愛媛県愛南町の海。

ここに厄介な生物がいるという。
それが、オニヒトデ。トゲだらけの大きな生物オニヒトデは、増え過ぎると問題を引き起こす。その問題とは、サンゴを食い荒らしてしまうこと。サンゴ礁は美しい景観をつくり出すだけでなく、小魚の隠れ場や住処になっている。そんなサンゴの天敵がオニヒトデ。被害が広がっているという。愛媛大学大学院 農学研究科 水産学博士の三浦猛教授によると、「オニヒトデは、1970年前後に非常にたくさん取れる時期がありましたが、その後、1980年ぐらいからしばらく取れなくなっていたんです。しかし、2000年に入ってきてから非常に増えてきて、今は、ある程度の量が居続けるという状態になっています」と話す。増減の原因は不明で、現在は減少傾向だという。ただ、愛南町では、2005年は駆除数が7匹のみだったオニヒトデが、ここ数年は数百匹まで増加。当木島・野地島周辺などに広がっていたサンゴ群は、オニヒトデによって消滅してしまったという。

そこで、愛南町では、年に7回、オニヒトデの駆除活動を行っている。その方法は、オニヒトデを見つけたら、エビばさみと呼ばれるもので引っ張り出し、注射針で酢酸を注入して駆除するというもの。ちなみに、他の薬物でも駆除はできるが、酢酸を使うと環境にやさしいため、酢酸を用いるという。また、サンゴを食べるヒラセトヨツガイなどの貝類も指やピンセットで駆除。そんなこの活動は、1匹ずつ駆除し続けなければならない大変で地道な作業となっている。

しかし、サンゴを守ることが、サンゴに隠れて住む小魚、そして、その小魚をエサとする魚の食物連鎖を守ることにも繋がっているのだ。

素材提供:日本財団「海と日本プロジェクトinえひめ」
協力:南海放送株式会社

ad_pc_649

関連記事

  1. 生態系

    被害額の推計5億円!伊万里湾を襲った赤潮

    高級魚・トラフグ。長崎県松浦市は、養殖トラフグの生産で日本…

  2. 生態系

    池の水を抜くと豊かな海になる

    兵庫県・淡路島で行われているのが、かいぼり。これは、年に1…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. コロナ禍こそ水辺のそなえを~第1回:ライフセーバーが教える水…
  2. 無人運航船で世界初の実証実験~年間1兆円の経済効果が期待でき…
  3. コロナ対策で50億円の支援~日本財団が“第2波”と“複合災害…
  4. 中高生がオンラインプレゼン~マリンチャレンジプログラム201…
  5. 新型コロナウイルス感染症対策で計1万床目指す~日本財団が感染…
PAGE TOP