生態系

世界で最も北にあるサンゴがさらに北上中!?

和歌山県田辺市の沖合にある沖ノ島。
この周辺には、テーブルサンゴという種類のサンゴが広がっている。これは、サンゴ礁ほど規模が大きくはないサンゴ群集というもので、サンゴ群集としては世界で最も北の地域にある。

ところが、地元のダイバーによると、このサンゴが、北に広がっているという。実際に、国立環境研究所の調査によると、日本のサンゴ礁の面積が、最速で年に14kmずつ北上しているデータもある。その理由は、黒潮の影響や地球温暖化の可能性があると言われている。

そんなサンゴの環境の変化は、私達にも影響を与えるかもしれない。サンゴは、小さな魚の隠れ家になっている。そのため、サンゴが移動したり、無くなったりすると、サンゴを中心とした生態系そのものが失われてしまう。

その結果、水産物の水揚にも影響する可能性があるという。環境省 田辺自然保護官事務所の自然保護官・高橋優人さんは、「海の1℃の上昇はすごく影響が大きくて、魚の獲れる量にも影響は出るというのは間違いないです。そのため、将来的には、我々の食べている魚の分布がどんどん変わっていくことで、私達の生活も変わっていく可能性があります」と話す。

素材提供:日本財団「海と日本プロジェクトin和歌山」
協力:株式会社 テレビ和歌山

関連記事

  1. なぜだい?日本海に熱帯貝!?

    生態系

    なぜだい?日本海に熱帯貝!?

    日本海に面する山口県萩市の海で異変が起きている。その異変と…

  2. 生態系

    「海の祇園祭」と呼ばれ、300年以上も続く京都の伊根祭

    京都の名物といえば、祇園祭。 しかし、京都にはもうひとつ「…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. 「海に行きたい・行きたくない」は子どもの頃の体験が影響
  2. 「海ごみゼロ国際シンポジウム」開催。G20で機運が高まる海洋…
  3. 世界中のコスプレイヤーが海洋ごみ問題を発信!東京タワーでごみ…
  4. 原田環境相も江の島でごみ拾い!スタートした全国一斉清掃キャン…
  5. 東京大学と日本財団が連携 海洋ごみ対策について科学的に挑む一…
PAGE TOP