生態系

廃棄されるホヤを新グルメで救え

宮城県は、養殖ホヤの一大産地。
しかし、ある問題を抱えている。それが生産過剰状態。

もともとは韓国でも人気があり、大量に輸出されていた。しかし、震災による原発事故の影響で、韓国は輸入を全面的に禁止。県内の生産量は戻ったが、今度は生産過剰状態に。2016年は、およそ7,600トンも廃棄された。

そこで、宮城県産のホヤを多くの人に食べてもらうため、地元の生産者と連携しているのが、ホヤホヤ学会。ホヤホヤ学会は、ホヤの色々な食べ方を提案したり、ホヤを好きになってもらうためのイベントを企画したりしている。石巻市の谷川浜では、生産者の方達に、イベントで食べてもらうホヤレシピを提案した。イカ飯風のものは、“ほや飯”というメニューで、イカの代わりにホヤを使ったもの。カナッペ風の料理は、“ほやっぺ”というメニュー。クラッカーに蒸しほやとジャム、ハーブとピンクペッパーをのせたもの。ホヤ生産者の伊藤敏行さんは、「浜の人は、生か蒸しホヤしか知らない。こういう色んなモノを作って食べたことないと思う」と話す。レシピを提案したほやほや学会の会長・田山圭子さんは、「今回の廃棄に関しては、漁師さんが一番残念だったんではないかなと思っています。私自身ホヤが好きなので、国内で認知度が向上し、消費量が拡大して欲しいと思っていますので、漁師さん、消費者の皆さん、加工会社さん、一丸となって頑張っていきたいと思っています」とホヤについての想いを語った。

素材提供:日本財団「海と日本プロジェクトinみやぎ」
協力:東北放送株式会社

関連記事

  1. 生態系

    「海に行きたい・行きたくない」は子どもの頃の体験が影響

    7月12日、海の日を前に、日本財団は「海と日本人に関する意識調…

  2. 生態系

    被害額の推計5億円!伊万里湾を襲った赤潮

    高級魚・トラフグ。長崎県松浦市は、養殖トラフグの生産で日本…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. 「海に行きたい・行きたくない」は子どもの頃の体験が影響
  2. 「海ごみゼロ国際シンポジウム」開催。G20で機運が高まる海洋…
  3. 世界中のコスプレイヤーが海洋ごみ問題を発信!東京タワーでごみ…
  4. 原田環境相も江の島でごみ拾い!スタートした全国一斉清掃キャン…
  5. 東京大学と日本財団が連携 海洋ごみ対策について科学的に挑む一…
PAGE TOP