生態系

気軽に食べられなくなる!?八戸名産のスルメイカ

イカ類の漁獲量の中で、およそ8割を占めるのが、スルメイカ。

しかし、今、スルメイカが獲れないという問題が起こっている。
20年ほど前は約45万トンもあった漁獲量が、現在はおよそ5万トンにまで落ち込んでいるのだ。

その原因の1つに、地球温暖化の影響があるという。
スルメイカは、水温が15℃から20℃の場所を好む。そのため、温暖化で沿岸域の水温が高くなると、適した水温を求め、沖合に行ってしまう。すると、労力やコストがかかり、獲りにくくなってしまう。

その結果、深刻な状態になっている地域もあるという。
国立研究開発法人 水産研究・教育機構 東北区水産研究所の木所英昭博士によると、「夏場の漁獲量が90%減少などですね、大きな影響が出ているところもあります」と話す。

また、イカ類の漁獲量が日本一の八戸でも、休業する加工業者が出るなど、不漁の影響は広がっている。そのため、青森県では、スルメイカの代用となるアカイカの漁獲効率化を積極的に進め、加工原料の確保に取り組んでいる。

日本人になじみの深いスルメイカが、海洋環境の変化によって大きな影響を受けている。

素材提供:日本財団「海と日本プロジェクトin青森県」
協力:株式会社 青森テレビ

ad_pc_495

関連記事

  1. 生態系

    池の水を抜くと豊かな海になる

    兵庫県・淡路島で行われているのが、かいぼり。これは、年に1…

  2. 生態系

    全国を巡る2人の海の繋ぎ手~東西から日本各地の海の魅力や課題を発信していく熱源キャラバン~

    今、熱源キャラバンカーが日本全国をまわっています。これは、海の…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. 湖上スポーツの拠点を作りたい~パラローイング団体の代表が琵琶…
  2. バリアフリーの海への第一歩~山形県の「マリンパークねずがせき…
  3. 陸奥湾のアマモを守る経営者~日本一減少しているアマモ場の再生…
  4. ごみでSNS映え&マッチング~沖縄県で若者が進める新しいごみ…
  5. 新世代・海女漁師の取り組み~新たなアイデアで海女発祥の地・鐘…
PAGE TOP