海ごみ

カニを調べて2190日~「海のキッズサポーター全国プレゼン大会」で最優秀賞を受賞した“あいおいカニカニブラザーズ”~

「海のキッズサポーター全国プレゼン大会」が、2021年10月3日に都内で初開催されました。海のキッズサポーターとは、未来に向かって海を守っていく活動をしている全国の小学4年生から中学生を認定したもので、日本財団が推進する「海と日本プロジェクト」の一環として行われています。

この日は、全国から厳選された優秀なキッズが活動を発表。東京都の鈴木瑛梨花さんは「海洋プラスチックの80%以上が陸から来たものです。プラごみを海に流してしまったのは、陸でプラスチックを使った私であり、あなたなのです。私にもあなたにも出来ることがあります」と、世界で問題となっている「海洋プラスチック問題」というテーマでプレゼン。そのほかにも、「サケの一生と食物連鎖」や「おいしい海の生き物が育つ錦江湾の魅力」など、子ども達が様々な内容を発表しました。

そして、最優秀賞に選ばれたのは、「俺たちとカニの2190日~Crab Kingdom~」というカニの研究を発表した「あいおいカニカニブラザーズ」こと大角一尋さん、涼斗さん兄弟です。兵庫県に住む中学生の兄弟がカニの研究を始めたのは2015年からで、身近な相生湾周辺に個性的でかっこいいカニが棲んでいることを知り、観察・研究し続けてきました。研究は細部に渡り、例えば、「コメツキガニは食事の際に砂団子をつくるが、1分間に何個つくるのか。また、その団子を切るのは右手なのか左手なのか」と話しているように「カニの利き手」を調べたほか、「カニの嫌いな食べ物を探す実験」や「カニに毛穴はあるのか」など、気になったことを徹底解明しています。その結果、今までに79種類のカニを発見。その中には、兵庫県で初発見となったフジテガニもいます。そのフジテガニなどの調査結果は日本甲殻類学会で発表し、特別奨励賞を受賞しました。さらに、これまでに調べた結果は、1冊の「カニ大百科」にまとめています。

プレゼン大会では、そういった活動内容に加え、「海好きの仲間を増やそうと活動を始め、干潟の観察会で講師を担当し、第2の僕たちを育てています」と、次なるアクションを起こしていることも発表。「カニへの情熱が周りの人達を巻き込む可能性を秘めている」と、審査員は最優秀賞に選ばれた理由を話しています。審査委員のひとりである日本財団の常務理事・海野光行さんは、海のキッズサポーターの今後について「子ども達の周りを巻き込む力を伸ばしてあげたい。そして、大人になった時に、ワールドレベルでその力を使ってもらいたいという意図があってのプロジェクトだと思っている。そのため、今後もたくさんの子どもに参加してもらいたい」と言います。そして、カニカニブラザーズは将来について「カニ大百科を発売すること、カニの研究者になることが夢」と話しています。

素材提供:日本財団「海と日本プロジェクトinひょうご」
協力:株式会社サンテレビジョン

ad_pc_1314

関連記事

  1. 海ごみ

    マイクロプラ汚染 山中でも進行~海なし県・山梨発 大学教授が取り組む海洋汚染への取り組み~

    帝京科学大学自然環境学科の仲山英之教授と研究室の学生たちが、山…

  2. 海ごみ

    学生が「清走中」で海ごみ対策~海なし県・長野の高校生が取り組む海洋ごみ問題~

    海なし県・長野で、海洋ごみ問題に取り組んでいるのが、長野県長野…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. 海の厄介者をおいしく食べる~東京・表参道で実施中!海のレシピ…
  2. コロナ前と比較!海に関する意識を1万人に調査~日本財団による…
  3. 9カ月育てたヒラメを「いただきます」~東京・足立区の小学校で…
  4. 無人運航船プロジェクトが第2フェーズへ~MEGURI2040…
  5. 無人運航船プロジェクトが第2フェーズへ~MEGURI2040…
PAGE TOP