海ごみ

コロナ禍でも高校生が熱闘!~ごみ拾いの高校生チャンピオンが決定!スポGOMI甲子園~

「海と日本プロジェクト スポGOMI甲子園2020」の決勝が、東京・墨田区にて11月22日に開催されました。スポGOMIとは、ごみ拾いにスポーツのエッセンスを加えた日本発祥の競技で、スポGOMI甲子園は、高校生による全国大会。この日は、地区大会を勝ち抜いた23チームが出場。新型コロナウイルスの影響から12組が東京に集結、11組はオンラインでの出場となりました。

「チェンジ・フォー・ザ・ブルー!」の掛け声とともに、高校生のごみ拾いチャンピオンを決める戦いがスタート。スポGOMIは、3人1組のチームで、制限時間内にごみを拾い、その量と質でポイントを競うものです。そのため、体力だけではなく、知力も必要になります。岐阜県代表・ボーイスカウト岐阜第8団ベンチャー隊は「たばことペットボトルのポイントが高いので、小さな道に落ちているたばこをいっぱい拾う」という作戦を練り、大会に臨んでいました。

そして、1時間の激闘を終え、東京会場で優勝したチームは、埼玉県代表の掃除部Cチーム。このチームは、15kgものごみを拾いました。「競技が始まる前に、朝早くからごみの場所を探すことに専念して、始まったら誰よりも早くそこに行けるように準備をした」というのが勝因だと言います。また、「通学の時でも、そこら中にごみが落ちているので、自分たちが拾っていきたいと思う」と、今後もごみ拾いを続けていきたいと話しています。また、リモート会場で優勝したのは、兵庫県代表の「豊岡総合高校インターアクトクラブ チームOIK」です。なんと約50kgものゴミを回収しました。さらに、表彰されたのは、入賞チームだけではありません。今回の大会から「オリジナルアイテム」の制度が導入され、岐阜県代表・ボーイスカウト岐阜第8団ベンチャー隊が、オリジナルアイテム賞を受賞しました。このチームは、なんと電卓とラジオを使って金属探知機を作成したのです。その他にも、女子高生3人の石川県代表・ホヌピキマムは、持ち運びしやすいように、パイプを使って組み立て式のごみ箱用台車をつくるなど、各チームは、自作したオリジナルアイテムを駆使して、効率的にごみ拾いを行いました。日本スポGOMI連盟の代表・馬見塚健一さんは「今回159のアイテムが全国で生まれた。来年の大会では、優秀な機能のものは商品化に向けて動こうと考えている」と、次なる展開に意欲を燃やしていました。

リモートも活用し、コロナ禍でも大盛況のうちに幕を閉じたスポGOMI甲子園について、日本財団 海洋事業部 海洋チームリーダーの宇田川貴康さんは「今年はコロナ禍で色んな大会やイベントが中止になっている。そんな中でも、今日のリモートも利用した選手の戦いは、スポーツ大会のひとつのモデルとなればと思う」と話しています。また、馬見塚さんは「高校の先生からは、体育祭がなくなったり、修学旅行が延期になったりなどしているため、何かを生徒にさせたいという想いがあったと聞いている。そんな中、親御さんや学校関係者の協力もあり、大会が開催できたことがすごくうれしい。今年は全国25都道府県での開催だったが、来年はさらに増やしたいと考えている。高校3年間の内しか出られないスポGOMI甲子園なので、ぜひエントリーしてごみと向き合って欲しい」と語っています。

ad_pc_1166

関連記事

  1. 海ごみ

    マイクロプラ汚染 山中でも進行~海なし県・山梨発 大学教授が取り組む海洋汚染への取り組み~

    帝京科学大学自然環境学科の仲山英之教授と研究室の学生たちが、山…

  2. コスプレ

    声優・古谷徹も応援!コスプレイヤー協力のもと、新たな海洋ごみ対策が始まる

    8月4日、世界最大級のコスプレの祭典「世界コスプレサミット20…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. 海を守る卵たちの全国大会~マリンチャレンジプログラム2020…
  2. 兵庫 キレイで豊かな海づくりを~海を未来へと引き継ぐ者たち③…
  3. 子ども達に北海道の海の魅力を~海を未来へと引き継ぐ者たち②「…
  4. 石川県で広がる「海の学び」~海を未来へと引き継ぐ者たち①「海…
  5. 18年以上続く芦北高校の挑戦~豊かな海にするため熊本県・芦北…
PAGE TOP