生態系

サンゴの世界的権威が新発見~宮崎県・日南海岸の海中に広がる世界でたった一つの豊かな森~サンゴの世界的権威が新発見

宮崎県の日南海岸国定公園。
この公園の大島周辺には、100種類以上のサンゴが生息している。

そんな海を訪れたのは、イタリア・ミラノにあるビコッカ大学のフランチャスカ・ベンゾーニ教授。サンゴの分類を専門とする世界的権威の研究者で、今回、琉球大学の招待を受け、日本のサンゴの調査のため初来日した。大島周辺の海に潜ったベンゾーニ教授は「本当に特別。興味深いサンゴばかり」と語った。

日南海岸は、サンゴの生息地としてはかなり北に位置する。調査の結果、この周辺の海には「ハードコーラル(硬いサンゴ)」という太平洋の熱帯のサンゴと、「ソフトコーラル(柔らかいサンゴ)」というこの地域特有のサンゴが共生していることが判明した。地元のダイバー・福田道喜さんは「ここにしかいないものがいるのを僕らも知らないし、南でもない北でもないという海の世界が、ここにあるというだけでも今回勉強させてもらった」と話す。そして、ベンゾーニ教授は「この海を守るために、人々に出来る限りのことをして欲しいと思う。ここは日本の国定公園でもあるし、世界的にも類を見ない素晴らしい海だから」と語っている。

しかし、そんな貴重な大島周辺のサンゴだが、近年は、サンゴが死滅する原因不明の感染症が発生。また、サンゴを食べるオニヒトデによる被害もあって、その危機が心配されている。そのため、サンゴを守るための様々な活動や、行政や大学、地元ダイバーが連携して、子ども達を対象にしたサンゴの学習会も開催している。

世界的にも貴重な大島周辺のサンゴを次世代に引き継ぐため、様々な取り組みが続けられていく。

素材提供:日本財団「海と日本プロジェクトinみやざき」
協力:株式会社宮崎放送

ad_pc_1061

関連記事

  1. 生態系

    海水温の上昇でサケが帰ってこられない!?

    本州一のサケの水揚げ量を誇る岩手県。しかし、ここ数年、不漁…

  2. 生態系

    年間50万尾の赤ちゃんを育成!岡山県の海の資源を守るため20年続いている取り組み

    近年、岡山県ではクルマエビの漁獲量が減少傾向だそう。その減…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. 新型コロナウイルス感染症対策で計1万床目指す~日本財団が感染…
  2. 絶品グルメは海のやっかい者~鹿児島・“桜島の火山灰”で地域の…
  3. 邪魔な木を魚の楽園に再利用~『イカの宝庫』広島県・田島発の産…
  4. 世界基準の一流ビーチ由比ガ浜~神奈川県・地域住民が整備した海…
  5. 海の生態系調査が劇的進化!?~北海道・沿岸調査用ドローンが新…
PAGE TOP