生態系

目に見えない脅威が迫る!?海洋化学汚染を世界中の有識者が議論~Back to Blueが主導する「有害化学物質による海洋汚染ゼロの実現」~

東京都内で、「有害化学物質による海洋汚染ゼロの実現」をテーマにしたパネルディスカッションが、2024年2月6日に行われました。このディスカッションは、海洋問題に取り組むイギリスのエコノミスト・グループと日本財団による共同イニシアチブ「Back to Blue」が開催。

目に見えない化学物質による海洋汚染は、私たち人間の健康や生活に多大な影響を与えると言われています。その原因は、ごみや未処理排水、海水中の化学物質を吸収して長距離を移動することで汚染を悪化させているマイクロプラスチックなどさまざまです。そこで、このイベントでは、海洋化学汚染の有識者が集まり、汚染の現状や問題点などについて意見を交わしました。東京大学未来ビジョン研究センターの高村ゆかり教授は「汚染の影響について知るには、まだデータが足りていない。研究を強化し、科学的知見を集めていくことは難しい挑戦だが、今こそ始めなくてはならない」と提言。また、世界銀行 持続可能性担当 首席エコノミストのリチャード・ダマニア氏は「ひとつの解決策がキャップ・アンド・トレード(排出権取引)。あまり知られていないが、発展途上国においては特に有効で、インドではPM2.5の大気汚染の削減問題で目をみはる効果があった」と参考例を示しました。そして、ChemSec(国際化学物質事務局)の副事務局長フリーダ・ヘーク氏は「海はすべてものと繋がっている。ある意味で私たちの巨大なごみ箱のようなもの。すべては海に流れ着くため、私たちはすべてその影響下にある。だから、化学物質をどのように扱って安全性を高めていくかは非常に重要だ」と語りました。

こういった海洋科学汚染におけるBack to Blueの今後の活動について、日本財団の海野光行常務理事は「いま私たちがやらなければならないことは、エビデンスとしてしっかり情報を集めること。その上で、何が安全で何が危険なのかを伝えていくベースをつくることが大事。また、今回の議論で得られた結果を世界に発信することで、海洋化学汚染に対するアクションを促すキッカケになれば」と話します。そして、エコノミスト・グループの編集主幹チャールズ・ゴダード氏は「日本財団と共同で、化学物質汚染のグローバルなデータ・ロードマップを作成している。重要なことは、産業界と市民社会を巻き込むことであり、すべてのステークホルダーがこの議論に参加することだ」と述べています。

ad_pc_1697

関連記事

  1. 生態系

    障害のある人へ海体験を提供~新潟県鯨波の旅館経営者が提案する誰もが楽しめるビーチ~

    新潟県の鯨波海水浴場は、かつて多くの人で賑わった日本海側初の海…

  2. 生態系

    海の保育園で育つホシガレイ~岩手県で減少する幻の高級魚を子ども達が放流~

    岩手県で幻の高級魚とも言われる希少な魚「ホシガレイ」の生息数が…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. ブリッジも見学!自律運航機器を搭載予定のフェリーに子ども達が…
  2. アマモで醤油づくりが受賞!中高生が海に関わる研究を行う全国大…
  3. 目に見えない脅威が迫る!?海洋化学汚染を世界中の有識者が議論…
  4. 日本の灯台群を世界遺産に!~「海と灯台プロジェクト2023成…
  5. 中国・四国地方でのブルーカーボンに関する取り組み~香川・愛媛…
PAGE TOP