生態系

気軽に食べられなくなる!?八戸名産のスルメイカ

イカ類の漁獲量の中で、およそ8割を占めるのが、スルメイカ。

しかし、今、スルメイカが獲れないという問題が起こっている。
20年ほど前は約45万トンもあった漁獲量が、現在はおよそ5万トンにまで落ち込んでいるのだ。

その原因の1つに、地球温暖化の影響があるという。
スルメイカは、水温が15℃から20℃の場所を好む。そのため、温暖化で沿岸域の水温が高くなると、適した水温を求め、沖合に行ってしまう。すると、労力やコストがかかり、獲りにくくなってしまう。

その結果、深刻な状態になっている地域もあるという。
国立研究開発法人 水産研究・教育機構 東北区水産研究所の木所英昭博士によると、「夏場の漁獲量が90%減少などですね、大きな影響が出ているところもあります」と話す。

また、イカ類の漁獲量が日本一の八戸でも、休業する加工業者が出るなど、不漁の影響は広がっている。そのため、青森県では、スルメイカの代用となるアカイカの漁獲効率化を積極的に進め、加工原料の確保に取り組んでいる。

日本人になじみの深いスルメイカが、海洋環境の変化によって大きな影響を受けている。

素材提供:日本財団「海と日本プロジェクトin青森県」
協力:株式会社 青森テレビ

関連記事

  1. 生態系

    年間50万尾の赤ちゃんを育成!岡山県の海の資源を守るため20年続いている取り組み

    近年、岡山県ではクルマエビの漁獲量が減少傾向だそう。その減…

  2. 生態系

    激減した越前ウニを救うのはエサの研究

    日本三代珍味のひとつ、塩ウニ。特に、福井県内でつくられる越…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. 特産品でもあり敵にもなる鹿児島県阿久根市のウニ
  2. 神輿ごと海へ!?福井県坂井市の「雄島祭り」
  3. 獲れる魚が変化!消えた新潟のホッケと新たに現れたサワラ
  4. 200年続く新潟県佐渡の名物たらい舟と消えつつある伝統
  5. 海なし県・長野県安曇野市で行われる荒々しい船のお祭り
PAGE TOP