海ゴミ

子ども達のアート作品の正体は海洋ゴミ

漂着ゴミと呼ばれる海岸や海にあるゴミ。
実は、そのゴミの70%ほどがプラスチック。中でも、マイクロプラスチックというゴミが問題となっている。

マイクロプラスチックは、プラスチックゴミが細かくなって、5ミリより小さくなったもの。有害な化学物質を吸着するため、魚が食べてしまうと、体内に有害物質が溜まっていくことに。さらに、その魚を食べる人間にも害が及ぶ可能性があるという。そんなマイクロプラスチックについて、海の環境に詳しい愛媛大学の日向教授は、「海岸の清掃というのは、マイクロプラスチックの発生を抑制するという効果から、もう1度 再評価されるべきだと考えています」と話す。

そこで、そんな海のゴミ問題を学習する機会として、愛媛県の桜井海岸では、えひめ海ごみ調査隊という活動を開催している。2017年にも活動は行われ、その時には40人以上の子ども達も参加。海岸の清掃活動を行い、30分でなんと14kg以上ものゴミを回収した。

さらに、拾ったゴミでアート作品を作成。
その作品は、海のゴミの削減や環境を守ろうという啓発に役立てるオブジェとなる。

素材提供:日本財団「海と日本プロジェクトinえひめ」
協力:南海放送株式会社

関連記事

  1. 漂着ごみから海を守る小中学生

    海ゴミ

    漂着ごみから海を守る小中学生

    秋田県の宮沢海岸。ゴミで一杯になった袋が70以上積み上げられた…

  2. 海ゴミ

    福岡の海を守る新たな仲間はロボット

    福岡県宗像市のさつき松原海岸をはじめとする、福岡県の海岸の多く…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. 特産品でもあり敵にもなる鹿児島県阿久根市のウニ
  2. 神輿ごと海へ!?福井県坂井市の「雄島祭り」
  3. 獲れる魚が変化!消えた新潟のホッケと新たに現れたサワラ
  4. 200年続く新潟県佐渡の名物たらい舟と消えつつある伝統
  5. 海なし県・長野県安曇野市で行われる荒々しい船のお祭り
PAGE TOP