生態系

アカウミガメが高知に来なくなっている!?

高知県では、アカウミガメの上陸回数が減り、昔に比べて見られなくなっているという。

2002年には、高知県で絶滅の恐れがある種として認定。また、実際に上陸回数が2010年には369回だったが、今では125回にまで減少している。
その一因とされるのが、砂浜の環境の悪化。砂浜の砂は本来、波によって入れ替わる。しかし、波消しブロックを建てたことなどが要因で、砂の流出と流入に影響を及ぼしているという。アカウミガメは、生まれ育った砂浜に帰ってくるため、悪化すると戻ってこられなくなるのだ。

とはいえ、この問題を解決するのは難しいという。高知大学 総合研究センターの斉藤知己さんによると、「構築物の建造などは、我々人間の生活を安定させるための事業というのもありまして、これを批判するのは難しいです」と語る。

ただ、アカウミガメを守るために出来ることがあるという。その1つが、静かな砂浜づくり。夏の夜間に産卵するウミガメは、静かな砂浜で外敵がいないことを確認してからようやく産卵する。そのため、夏の夜に花火やキャンプなどをすると、上陸できなくなってしまうという。

静かな砂浜にするだけでもアカウミガメを守る取り組みになる。

素材提供:日本財団「海と日本プロジェクトin高知県」
協力:株式会社 テレビ高知

関連記事

  1. 生態系

    海中の砂漠化“磯焼け”

    豊かな新潟の海が危機にさらされている。しかし、新潟県水産海…

  2. 生態系

    激減した越前ウニを救うのはエサの研究

    日本三代珍味のひとつ、塩ウニ。特に、福井県内でつくられる越…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. 被害額の推計5億円!伊万里湾を襲った赤潮
  2. 牡蠣の殻で浄化した川の水が海を救う!?
  3. これは警鐘!?対馬の海で次々と起こっている異変
  4. アカウミガメが高知に来なくなっている!?
  5. 瀬戸内海に現れたアサリを食べる厄介者
PAGE TOP