生態系

海水温の上昇によって天草の海が異常事態!

美しい熊本県・天草の海
しかし、目に見えない異変が起きているという。
それが、海水温の上昇。天草の海水温は、この40年で1℃上昇している。その原因ひとつは、私達が化石燃料を使ったエネルギーを使用しているためだという。そんなこの異変は、様々な問題を引き起こしている。

そのひとつが、サンゴの白化現象。この現象は、水温が30℃以上になり、ある程度の期間が経つと、サンゴが白くなって、死滅する恐れが高くなるというもの。その他にも、以前は沖縄周辺の海だけで見られていたサンゴを食べ尽くしてしまう天敵・オニヒトデが大量発生している。

さらには、漁師たちも異変を感じとっている。
漁業関係者は、「昔は、イワシがたくさん獲れたんですけど、今はもうかなり減っていますね」と話す。実は獲れる魚が変化しているという。実際に、イワシの漁獲量は、1986年は2万トンだったが、2013年は、1700トンほどに激減。

天草の海で起こっている異変。私達も無関係ではない。

素材提供:日本財団「海と日本プロジェクトinくまもと」
協力:熊本朝日放送株式会社

関連記事

  1. 生態系

    ゼロから100万個へと復活した二枚貝

    近年、有明海から、天然のアゲマキがいなくなっている。ハ…

  2. 生態系

    獲れる魚が変化!消えた新潟のホッケと新たに現れたサワラ

    古くから漁業が盛んに行われている新潟県では、近年、水揚に大きな…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. 東京大学と日本財団が連携 海洋ごみ対策について科学的に挑む一…
  2. 日本のアユを支える滋賀県の日本一のアユ放流
  3. 海なし県でなぜ?滋賀県朽木の郷土料理は鯖
  4. 海の女神が歌い舞踊る岡山県の阿智神社秋季例大祭
  5. 知恵を絞って守り続ける長崎県・伊王島のペーロン大会
PAGE TOP