生態系

後継者不足に悩む岩手県の新人漁師

漁業の担い手不足は、国内有数の漁場である岩手県も例外ではない。
実際に、県内の漁業関係者は、40年前には2万人を超えていたが、近年では6,300人ほどに。

そんな中、神奈川県からやってきたのが、山崎寛さん。
山崎さんは、漁業就業へのマッチング会をきっかけに2014年に脱サラ。釜石市で漁師として働いている。「昔からやってみたいというのと、やっぱ海が好きなんで」と、漁師に転職した理由を語る山崎さん。近年、漁業関係者が減少しているため、山崎さんは期待の新人。「漁業をやる人達がいないからね。担い手として来てくれることはいいことだと思いますよ」と、山崎さんの親方・堀内孝一さんは話す。また、一緒に働く親方のお母さんの真弓さんも「漁師になりたくて頑張っているから応援してあげたいです」と語る。

とはいえ、まだまだ新人。
親方の元で、荷揚げや出荷作業といった仕事がメイン。その一方で、3年を経て徐々に任される仕事も増えてきた。「今年(2017年)からホヤとワカメのケタを持たせて頂けることになりました」と嬉しそうに話す。ホヤとワカメの養殖施設の一部を全面的に任せられたのだ。順調に一人前の漁師としての道を歩む日々。ただ、将来への不安もあるという。「今は親方のところでやってますけど、自活までの道のりは厳しいと思います」と話す。自前の船や養殖施設を用意しなければならないなど、独立するまでにはハードルが多い。しかし、岩手県で漁師になったことについて、山崎さんは「後悔はないですね」と力強く答えた。

後継者不足に悩む岩手県。新人の山崎さんとエールを送る漁師との絆に未来の光が見えた。

素材提供:日本財団「海と日本プロジェクトin岩手」
協力:株式会社 IBC岩手放送

関連記事

  1. 生態系

    アカウミガメの産卵を守る青年団

    数が減り、国際的な絶滅危惧種に指定されているアカウミガメ。…

  2. 生態系

    海中の砂漠化“磯焼け”

    豊かな新潟の海が危機にさらされている。しかし、新潟県水産海…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. 世界中のコスプレイヤーが海洋ごみ問題を発信!東京タワーでごみ…
  2. 原田環境相も江の島でごみ拾い!スタートした全国一斉清掃キャン…
  3. 東京大学と日本財団が連携 海洋ごみ対策について科学的に挑む一…
  4. 日本のアユを支える滋賀県の日本一のアユ放流
  5. 海なし県でなぜ?滋賀県朽木の郷土料理は鯖
PAGE TOP