生態系

海水温の上昇でサケが帰ってこられない!?

本州一のサケの水揚げ量を誇る岩手県。
しかし、ここ数年、不漁が続いている。1996年には、およそ7万トンの水揚げがあったが、2015年は、8500トンほどと激減。

その原因のひとつが、海水温の上昇と考えられている。岩手大学農学部食料生産環境学科水産システム学コースの後藤友明准教授によると、「サケの稚魚は水温が13℃未満の水温で育ちます。そして、その水温下の釜石湾内でプランクトン類のエサを食べて大きくなり、体力をつけた上で北へと移動していきます。しかし、13℃を超えてしまうと、温かい水を避けて、稚魚の段階で水温が冷たい北の方へと移動してしまいます」と話す。水温13度は、稚魚が生きられる限界点。これを超えてしまうと、稚魚は旅立つまでに、十分成長できず、北への移動に耐えられない、また、移動する前に死んでしまうケースがあるという。

そこで、対策として考えられているのが、放流のタイミングの前倒し。「沿岸域の中で、エサを食べる期間を少し長めにとるような形で、放流のタイミングを前倒しにしながら放流を行うことも、選択肢として考えていく必要があります」と、後藤准教授は対策案を語る。

ふるさとの川へと帰って来られるのは、わずか3%ほどと言われているサケ。

少しでも多く帰って来られるよう、関係者の模索は続いている。

素材提供:日本財団「海と日本プロジェクトin岩手」
協力:株式会社 IBC岩手放送

関連記事

  1. 生態系

    玉ねぎに活用される青森県蓬田村の名物ホタテ

    青森県蓬田村は、養殖ホタテの名産地。しかし、ある深刻な問題…

  2. 生態系

    蝕まれる海の源“庄内の黒松林”

    山形県鶴岡市にある黒松林。33kmにも及び、全国でも有数の…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. 東京大学と日本財団が連携 海洋ごみ対策について科学的に挑む一…
  2. 日本のアユを支える滋賀県の日本一のアユ放流
  3. 海なし県でなぜ?滋賀県朽木の郷土料理は鯖
  4. 海の女神が歌い舞踊る岡山県の阿智神社秋季例大祭
  5. 知恵を絞って守り続ける長崎県・伊王島のペーロン大会
PAGE TOP