漂着ごみから海を守る小中学生

海ゴミ

漂着ごみから海を守る小中学生

秋田県の宮沢海岸。ゴミで一杯になった袋が70以上積み上げられた。
この大量のゴミ、2時間に満たないうちに集まった。

海岸のゴミは、漂着ゴミと呼ばれ、プラスチック類やお菓子の袋など、私達の日頃の生活で使っているモノがほとんど。
ポイ捨てされたゴミ、カラスなどが散らかしたゴミが川を流れ、海に辿りついたものだ。

そんな中、宮沢海岸では、漂着ゴミから海を守ろうと地元の子ども達が奮闘している。

男鹿市立美里小学校の全校児童99人は、海開きを前に毎年行っている清掃活動を行った。
懸命にゴミを拾っては袋に詰め、大きなゴミは協力して運び出し、海岸はすっかり元の美しさを取り戻した。
活動を終えた児童は「こんなにたくさん(ゴミが)あるとは思いませんでした」と、前年と変わらない大量のゴミに驚いた様子。

宮沢海岸で海の家を営む佐藤カツ子さんは、「1年生から6年生まで、本当に小っちゃい子なのに、その力はスゴイなと思います。
本当にキレイな砂浜になって感謝してます」と、海開きを前にした児童の懸命な活動に感激していた。

秋田県の海岸では、平成12年から海岸の漂着ゴミの清掃を地元の小中学生と協力して行っている。
ゴミ清掃と合わせて調査を行っている海上保安部では、
「普段のゴミ拾いというものとは違い、海べりの海洋環境という部分で、
色々なゴミがあるということを、しっかりと知ってもらうというのが大きなところ」と、清掃活動の意義を語っている。

素材提供:日本財団「海と日本プロジェクトin秋田県」
協力:秋田テレビ株式会社

関連記事

  1. 海ゴミ

    事業規模は50億円! 海ごみにオールジャパンで挑む日本初の取り組み

    2018年11月27日、日本財団が推進している「海と日本プロジ…

  2. 海ゴミ

    ラピュタの島と呼ばれる島が抱える海ゴミ問題

    和歌山県・友ヶ島。ここは、アニメ「天空の城ラピュタ」に似て…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. 事業規模は50億円! 海ごみにオールジャパンで挑む日本初の取…
  2. 調査機アルバトロスで見えてきた 関東・関西のマイクロプラスチ…
  3. アカウミガメの産卵を守る青年団
  4. 海と命の大切さを知るために養殖!東京・渋谷区の小学校にクエが…
  5. 体育館で海を体験!VRで学ぶ新しい海の授業のかたち
PAGE TOP