震災から7年ぶりの海開き

復興

震災から7年ぶりの海開き

福島県いわき市の薄磯海水浴場。
2017年7月、7年ぶりの海開きが行われ、海岸は家族連れなどで賑わった。

「つらいこともありましたが、これからも海と共に生きていきます」と語り、
感慨深い表情を浮かべていたのは、海の家と民宿を営む鈴木幸長さん。
鈴木さんは、海水浴場の再開に向け奮闘した内の1人。

薄磯はかつて、年間20万人以上が訪れ、福島県内でも有数の海水浴場だった。
しかし、東日本大震災の津波に襲われ、壊滅的な被害を受けた結果、閉鎖されてしまう。

被災しながらも、賑わっていた頃の姿を取り戻したい!と強く考えた鈴木さんは、
2011年10月、地区住民と協力して新たな協議会を起ち上げ、活動を開始。
いわき市など行政との話し合いや、住民が戻るための環境整備、
宅地の造成に、復興の状況をWEBで発信するなど奮闘。
その甲斐あって、2017年5月、海水浴場の再開が決定したのだ。
再開を見据えて行われた水質検査でも、原発事故の影響もなく、安全が確認された。

7月。待望の海開き。海岸には7年ぶりに海水浴客の歓声が響いた。
鈴木さんは「商売がだんだん良くなる状況ならば、他の民宿も営業できるはず。
また(地域も)繁盛していくのかなと思っています。今のところは賭けですが」と語った。

7年ぶりの海開きは、地域再生への励みとなったに違いない。

素材提供:日本財団「海と日本プロジェクトinふくしま」
協力:株式会社 福島中央テレビ

関連記事

  1. 漂着ごみから海を守る小中学生

    海ゴミ

    漂着ごみから海を守る小中学生

    秋田県の宮沢海岸。ゴミで一杯になった袋が70以上積み上げられた…

  2. 復興

    震災を乗り越え7年ぶりのアワビ漁

    高級食材として全国でも評判だった福島県相馬沖のアワビ。…

おすすめ記事

  1. 海の生態系を支えるアマモの復活

最近の記事

  1. 体育館で海を体験!VRで学ぶ新しい海の授業のかたち
  2. ライフジャケットを着ていれば転覆も夏の思い出に!? 海を満喫…
  3. 自転車にヘルメットのように、海にはライフジャケットを!海の事…
  4. 被害額の推計5億円!伊万里湾を襲った赤潮
  5. 牡蠣の殻で浄化した川の水が海を救う!?
PAGE TOP